ハイドロキノンの実力を確かめたいけど怖い

美白化粧品を何か使おうと思っているのですが、いろいろ調べてみるとハイドロキノンという成分が一つのポイントになっている気がしました。

ハイドロキノンという成分は特にアメリカで使われ始めた美白成分で、メラニンの生成を抑えてシミを根本から予防できるということと、その効果が強力なことから「肌の漂白剤」なんて言われることもあるらしいです。

そんなハイドロキノンなんですが、日本で販売されている美白化粧品の中にも入っているものと入っていないものがあります。

一応2001年から日本でもハイドロキノンが使ってもいいとされたのですが、やはり刺激性とか考えると使うメーカーと使わないメーカーで別れたようです。

というのもハイドロキノンは効果は高いのですが、毒性や刺激性も同時に認められているので、人によっては肌に合わないということがあるようです。

だからハイドロキノンは敏感肌の私には合わないような気がして、使うのをためらっているというわけです。

でも最近、ハイドロキノンを使った美白化粧品でもトライアルセットのようなお試しできるキットも販売されていて、それがかなり低価格なので、とりあえず取り寄せてパッチテストでもしてみようかと考えています。

美白化粧品として販売できるのは厚生労働省の認可している「有効成分」が入っている場合です。

たとえば、アルブチンとかトラネキサム酸とかビタミンC誘導体などが、美白に関しての有効成分にあたります。

これらが入っていると「薬用」とか「医薬部外品」という、化粧品より効果が高いという位置づけで販売できます。

でもハイドロキノンは有効成分ではないため、効果が高いといっても医薬部外品にはなりません。

そういう場合、ビタミンC誘導体とかを一緒に配合して医薬部外品にしているものもあります。

シミ対策の美白化粧品のおすすめ