背中ニキビ・デコルテニキビが治らない理由

背中ニキビ・デコルテニキビが治らない理由として最も大きいのが摩擦による刺激です。

背中やデコルテは、衣類により刺激を常に受けています。

また、入浴時にタオルでこするのもニキビが治らない理由の一つです。

ニキビが摩擦を受け続けると、色素沈着を起こす可能性があります。

まず衣類は、通気性の良い綿100%のものを着るようにします。

直接肌に触れるインナーは、特に気をくばるようにしましょう。

着るとチクチクする衣類は、それだけで刺激となってニキビが増えてしまいます。

体を洗うタオルも綿などの天然素材のものを使いましょう。

天然素材のタオルは雑菌が繁殖しやすいので、使ったらしっかり乾燥さる必要があります。

また、背中を洗う時は、たすき掛けのようにしてゴシゴシ洗うのはNG。

石鹸やボディソープの泡をさっと流すだけでも汚れは十分落ちます。

また、洗髪は体を洗う前におこなうようにしましょう。

洗髪に使うシャンプーやリンスなどの成分が、背中に流れますので、それも刺激の原因になります。

洗髪をしたあとに体を洗うようにします。

背中ニキビ・デコルテニキビが治らない理由は、他にもたくさんありますが、刺激を与えないということだけでも、ニキビが増えたり色素沈着をおこしたりするのを予防できます。