こうね馬油を使っている方の口コミ

馬のたてがみの下の部位を”こうね”と呼びます。

そこからとれる脂が「こうね馬油」です。

普通の馬油が27℃ぐらいに対しこうね馬油は21℃で液体化するので、肌の馴染みがよく、短時間で浸透してうるおいを保ちます。

また、こうね馬油は、人の皮脂に近いのが特徴です。

「少量で潤い、乾燥する冬場は手ばなせません。」

「普通の馬油はベトベト感があったのですが、こうね馬油はベタつかず肌になじみます。」

「肌にハリが出てきて、キメが整ってきたように感じます。」

「ニオイはまったく気になりません。全身に使用しています。

「こうね馬油であかぎれが治りました。」

全身に使っていると書かれていますが、こうね馬油を髪の毛、まゆ毛、まつ毛のケアに使うと、毛根が丈夫になると言われています。

スキンケアとして使っている人は、40代以上の方が多いようです。

こうね馬油には、普通の馬油の4倍の「リノレン酸」が含まれていて、肌のハリ・つやに効果を発揮します。

年齢に関係なく、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌、アトピー肌の方にオススメです。

参考:こうね馬油の効果に馬プラセンタをプラスした化粧水が・・・