お酒を飲んだ翌日にニオイを抑える方法とは?

年末年始はどうしてもお酒を飲む機会が多くなりますよね。
そんな時は、翌日になってもお酒のニオイが消えず困ったことは
ありませんか?

お酒のニオイの原因は、アセトアルデヒドが体外に排出されず
血中に入ると、柿が腐ったような甘ったるいニオイがします。
それは口臭だけではなくて、皮膚呼吸している身体の表面から
漂いこともあるんです。

本当にニオイを0にするためには、お酒の量を控えるしかあり
ませんが、そのニオイを最小限に抑える方法ならありそうです。

方法1 口の中の乾燥を防ぐ

お酒を飲んで翌日になってからでは遅いので、飲んでいる時から
水分をしっかり補給しましょう。ウイスキーなどはなるべく水割り
にしたり、途中で水を飲むように心掛けるだけでも翌日に残る
お酒はずいぶん減ります。

方法2 お口直しで口の中のアルコールを洗い流す

飲食の後には、口の中のアルコールや食べかすが残らないように
水でゆすぎましょう。その水は吐き出さずに飲み込む方が効果的
です。

方法3 就寝前にシャワーをしましょう

最初にも書いたように、人は肌でも呼吸をしていますから、
皮膚にアルコールのニオイが蓄積しています。どうしても夜に
シャワーできない時は、朝でも良いのでお湯でサッとでも
いいので洗い流しましょう

息セレブの詳細はコチラ