胃から改善する口臭を抑える方法とは?

口臭が気になるからといくら口の中を清潔にしても
なかなか改善されないといった経験はないでしょうか?
原因は口の中でなく胃にあるのかもしれません。

胃の不調が原因で口臭がきつくなることがあります。
また、胃炎や胃潰瘍、胃がんなど口臭が胃の病気のサイン
である可能性も否定はできません。

胃の不調を改善する方法を紹介します。

1.できるだけ消化の良いものを食べる

消化の悪い脂っこい肉類などを食べると胃の中に食べ物が
溜まって臭いを発することがあります。口臭が気になる
ようであれば、おかゆ、豆腐、鶏のササミなど胃への負担
が少しでも軽くなるものを食べるようにしょうましょう。

2.ストレスに気をつける

ストレスが溜まると胃酸の分泌が活発になって、胃が荒れる
原因にもなります。仕事や家事・育児などなかなかストレス
を避けることが難しいとは思いますが、自分なりの気分転換
の方法を見つけて、気持ちを切り替えるようにしましょう。

3.冷たい飲み物や食べ物を控える

特に夏場は暑さもあって、冷えた水やアイスなどが食べたく
なりますが、実は胃腸に大きな負担がかかっています。
意識して冷たいものを控えるようにしましょう。

良香生活の詳細はコチラ