ヴィーナスホワイトニングセラムで叶える肌表面のコンディション

私はアラカンなんですが、普段のスキンケアはハト麦の化粧水とヴィーナスホワイトニングセラムのスキンミルクか青い缶のクリームだけなんですよね。どうしてかっていうと、ハートは強いのに肌が弱くて、しかも水分不足なので、しょっちゅうケアしなくてはいけないんです。

私くらいの年齢になると皆様、「高級品を少しずつでも」って思われるみたいですが、実際は身体の中がスキンケアで大きく変わることはないから、肌表面のコンディションをいかに若い時に近づけるかが大切だと思います。

ですから、私は朝、昼、風呂上り、寝る前の少なくとも4階はハト麦化粧水+ヴィーナスホワイトニングセラムというお手入れをします。家にいるので普段はリップくらいしかメイクしないし、もしメイクして外出したら、帰宅後に直ぐにメイク落としのティッシュで拭いてから、ヴィーナスホワイトニングセラムのスキンミルクをゆっくりと馴染ませて、ハト麦化粧水とお水(経済的でしょ?)を含ませたティッシュで何回か拭きます。

とてもしっとりします。若い時あんなに脂性だったんですから、年取ってもその状態に近いように肌表面をコントロールすることで、まだ大きなしわは多くないですね。
肌はこまめにが一番大切かしら?と思います。