お風呂の中で顔のスキンケアを済ます習慣

最近、よく美容に関する記事をネットや雑誌で読んでいると、顔、そして本当は身体も、洗い終わった直後に保湿するのが理想的みたいです。洗い終わって大分経ってから化粧水や乳液などを塗ってももう乾燥してしまっているので、まだ潤っている間に保湿をする方が良いみたいです。

身体はともかく、顔のスキンケアには力を入れたいので、最近はお風呂に浸かっているときにパックをして、パックの時間が終わったらそのままお風呂の中に持ち込んだ乳液で顔の水分の蓋をするようにしています。お風呂の中では汗をかくのでそれで保湿成分も流れてしまうのではないかと最初は心配でしたが、確か岩盤浴の施設に肌の仕組みが色々と書いてあったことを思い出し、綺麗な身体から出てくる汗は天然の化粧水だそうですね。本当かどうかは分かりませんが、とにかく顔のスキンケアをお風呂の中にいる間に済ませることによって水分の蒸発を防ぐことができているみたいです。肌も冬にしてはもっちりしている気がしますし、外にいても頬が粉ふいたりすることもなくなりました。濡れているうちに保湿するのって大事なのかもしれませんね。
ブラックサプリEX 最安値