界面活性剤が肌に影響を与えることもある

肌荒れの原因には、表面活性剤が強く影響し肌の乾燥を招いたり肌トラブルに発展することも。この場合洗顔料や化粧水を変えることで素肌を健康に保つことが期待できます。もちろんすべての人にいえることではなく個人差があることも事実。

洗顔料やボディーソープなど肌に使うものを選ぶときは1日の肌汚れを丁寧に優しく落とせるクレンジング剤も一緒に探してみるべきでしょう。楽天やamazonでも簡単に探すことができますし、通販限定で販売しているものもあります。吹き出物や赤く炎症を起こすときは皮脂汚れや分泌量が多いことが考えられるのでよく自身の肌を観察してみることをおススメします。

皮脂が多くでるということは、食生活や化粧品などのスキンケア用品へ問題がいきがちですが、実は乾燥ということがほとんど。

ニキビができたり、ぶつぶつになるのは上皮部分の皮脂が不足し肌を守る機能が低下し保湿がおろそかになっていることも。

すぐに効果が表れるということはないので肌のターンオーバーに合わせて意識しながらケアをしていく必要があるので継続して続けることが大切で重要なポイント。

乾燥で肌荒れが気になる方はこちらを参考にしています。
参考URL:ストレイピア