蛇口から水が出ない事件

先日、ちょっとした手違いから水道が止まる事がありました。
朝、顔を洗おうと蛇口を捻っても水が出てこないのです。
これには困りました、水が無いと顔も洗えない、コーヒーを飲みたくても飲めない
少し考え結局、タオルで顔を拭き出先でコーヒーを買おうとそのまま出かけたのです。
水道が止まったのは何かの間違いだと思っていました。
夕方に家に帰りシャワーを浴びようと風呂場で蛇口を捻り水が数滴落ちただけで私はその場に固まってしまいました。
そうです、水が止まった事実を忘れていたのです。

出先でお昼休みには水道局に電話を入れて確認しようと考えていたのにそれすら忘れ
何時ものようにそこから水が出てくると信じていた自分がその時は非常に腹立たしかったのを覚えています。
直ぐに水道局に電話をすれば何事もなく済んでいたかもしれません。
この時、私は軽いプチパニック状態だったと思うのです。
とにかくシャワーを浴びたい、汗を流してスッキリしたい、そのことばかりに考えが傾向していたのです。
結果、近くの銭湯に出かけました。
帰りには気分もすっかり良くなり、明日電話して確認すればいいと言う考えになっていました。
翌日、日頃の癖なのか出るはずもない水を求めて朝から蛇口を開け呆けている自分がいました。
前の日と同じようにタオルで軽く顔を拭き出かけました、前日のような事もなく昼には水道局に電話を入れたのです。
するとどうやら水道代が未払いで5ケ月分溜まっているという事でした。
水道代を支払っている銀行口座の残高が無いのが原因だという事に辿り着いた訳です。
家に帰りいつも無視している最近の水道局の封書を確認してみると支払われていませんの封書が3か月ほど前から
来ていることが確認できました。
一人暮らしとはいえ緊張感無さすぎなのを実感した出来事でした。
自宅でホワイトニング